インプラント治療を始める前にチェックすることとして

インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのがとても大事です。
美容整形で、骨を削ってあごのラインを変えた方にもリスクを背負っています。
最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療の可能性はゼロにはならないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療も終わります。
それからも定期的に歯科医に診てもらう必要があるため維持費がかかることを知っておきましょう。
使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
定期検診にかかるお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円程度かかることが多いです。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきましょう。
せっかく完了したインプラント治療も治療後も快適な状態を維持するために日々のケアが欠かせません。
毎日、しっかりブラッシングすることで完璧なプラークコントロールが必要で、インプラントだけでない口腔内全体の様子を、定期的に診てもらうことが必須条件です。
どんな堅牢なインプラントでも、ケアが十分でないと歯周炎などの可能性があります。
インプラント治療も医療行為ですが、全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがしかし、医療費控除の対象ではあります。
確定申告することではじめて、医療費控除の対象になりすでに収めた税金を取り戻す申告をします。
確定申告で忘れてはならないのは医療機関で必ず発行している領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、入院して手術することはまれです。麻酔が効きにくいケースや、血液系や循環器系の持病があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。
あるいは、インプラントの土台になるだけの厚みを持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、手術が二回以上になる場合や、入院する場合もあります。これらのどこかに当てはまる方は信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨の幅が足りない」ということならば治療を断念するのは早すぎるかもしれません。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも治療は決して不可能ではありません。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で調べ、 相談してください。
少数の歯の欠損に対する治療としては、インプラントとブリッジが代表的です。
インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。
ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
口を開けたところを見れば多くのケースではインプラントが優るというべきでしょう。
加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られる覚悟もしなければなりません。
人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材から作られています。インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは手術の前に、歯科医に相談するのが一番良いでしょう。歯科で手術の経験がない方は、インプラント埋入手術にあたってどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。インプラント埋入手術を受けても、痛くて我慢できないことはまずありません。麻酔が効いたことを確認した上で手術するのが普通だからです。手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みが出てくるケースもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは違和感を生じるのが当たり前の反応です。
腫れがおさまれば、なじんだ証拠なので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてじっと耐えてください。もしも、十日以上経っても浮いた感じが治まらない場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。大至急歯科医にかかってください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ