現在、インプラントの人工歯根は

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。
インプラント治療の適用には、頭部のCT検査をはじめ、様々な角度からのレントゲン、口腔内検査等、十分な検査を行い、結果を検討した上で初めて治療開始となるので患者も納得し、安心して治療を開始できます。
そして、治療終了後のメンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、長い間、問題なく使うことが可能になります。インプラント治療にある程度の実績がある歯科医院で、外来診療を受けての特殊な施術を伴わないインプラント治療であったとしても当然、院内感染のリスクはゼロではありません。
ですから、歯科医院を決めるときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが大事だと心得てください。感染症対策は重要な問題なので、その取り組みについてホームページ上で公開している歯科医院もごく普通になっているので、調べるときは参考になるでしょう。
インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。
この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大事です。
仮歯を取って、義歯を入れるのをゴールと考えると、治療開始から短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは自分にとって最良の歯科医を見つけられるかどうかです。
インプラント埋入などの技術に優れているかどうかはもちろん、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の技量は厳しく問われるので決定的な違いが出てくると考えられます。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと考えて欲しいのです。
歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、他の歯に影響を及ぼしたくないと、患者が考えている場合です。
ブリッジ治療を例に取ると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので該当する歯の分だけ治療することになります。
両隣の歯は健常なので、削りたくないと要望があるケースではインプラント治療を優先して良いでしょう。これはインプラント治療の大きなメリットですが、治療終了後、義歯だと気づく人は本当に少ないという点です。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにとってつけた感じにならず、この歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることもまずないと思って良いでしょう。自然な見た目を重視している場合、おすすめしたい治療法です。
全てのインプラント患者にとって、治療費の高さは重要な問題ですね。この治療の費用は歯科医院それぞれでずいぶん違っています。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、費用を自由に設定できるのです。
それでも、相場はあると言えます。欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的な相場とみて良いでしょう。費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。
実際のところまだ定説になっていませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保たせることが可能というケースが増えています。要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期間の使用も問題ありませんが、ケアが十分でなければすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうという押さえが必要です。
人工物であるインプラントが虫歯になることはありませんがお手入れなしで長持ちするとは言えません。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。自身の歯と同様、プラークコントロールができていないと当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。
自分の歯のお手入れと同じように歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。
失った歯を再生する治療は何種類もありますが、インプラント治療の問題点は失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、あごの骨にインプラントを定着させるので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再度、大がかりな手術を行って骨を大きく削り直すことになります。
埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ