金属でできたインプラントを骨に埋

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
人工歯根はチタンが多く、他の部分もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材から作られています。インプラント治療は基本的に保険外治療でその全額が自費になるのが普通です。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安や誤解がないでしょう。
重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。とりわけ、歯周病や顎関節症がある場合、治療を始める前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保する問題が生じます。それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないのでまずは歯科医に全て話しておきましょう。
がんばって終わらせたインプラント治療も、治療が終わるとその状態を保たなければならず、セルフケアを怠ってはなりません。毎食後に磨き残しがないようブラッシングしてプラークコントロールを継続した上で自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが必須条件です。
どんな堅牢なインプラントでも、日頃のケア次第で歯周病などのリスクが増します。
手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても定期的なメンテナンスを受けなければなりませんので異常がなくても維持費は必要になります。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診を受けるように言われます。定期検診を受ける費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならずたいていは三千円程度に収まります。
特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円のお金がかかると見積もっておきましょう。
歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
インプラント埋入手術では、術中、強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔の効き方を確認しながら埋入手術を始めるためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛くなってくることもあります。痛み止めは頓服として処方されますので痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療できるところが増えてきました。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を十分調べてください。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を掘って、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一回り削った後で、上にブリッジをかぶせていきます。
ですから、見た目を考えればほとんどの場合、インプラントが優っていると考えられます。ブリッジ治療では、両隣の歯は橋の支柱のように削ることになるというのが痛いところです。
人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、埋入手術後はどの患者さんも違和感を感じるのが普通です。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので腫れたところや、縫った糸が気になっても、触らないようにここはぐっと我慢してください。
ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、原因を探り、対応していかなくてはなりません。
大至急歯科医にかかってください。
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
入院して手術することはまれです。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、大がかりな手術を入院して受けることもあります。もし、自分が該当すると思われるなら長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。
例外はありますが、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。ただし、問題なく医療費控除を受けられます。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって収入から医療費を控除されます。
確定申告を行うときには、歯科医で発行した領収書はお金を払った証明になるのでなくしたら再発行はできないと考え、保管しておくことをすすめます。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ