重要な確認事項として、インプラント治療を

重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前に既往症を完全に治しておくのは必須です。それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。こうした病歴があっても、直ちに治療不可と決めつけることはできないので歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。
インプラント埋入手術では局所麻酔を使います。
入院する必要はまずありません。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。
また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。
自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院することや、複数の病院で手術することもあります。
これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。
どんな完璧なインプラント治療でも、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。アフターケアが寿命を決定します。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらう必要はずっと続きます。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、ケアが十分でないと歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。
そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。審美性を考えた場合、多くのケースではインプラントが良いと言えます。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというデメリットも承知してください。
例外はありますが、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがしかし、医療費控除の対象ではあります。
手間はかかりますが、年一回の確定申告によって治療費を収入から引くことができます。医療費控除を受けようとすれば医療機関で必ず発行している領収書が必ず要求されるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年で申告することになるので、保管しておいてください。
手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから当然、その度に費用を支払います。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで定期検診を受けるように言われます。この定期検診に必要なお金は保険適用の治療が基本となり三千円程度かかることが多いです。
普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を用意しておきましょう。インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材を用いているのです。
健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。
もし金属アレルギーの不安があれば手術の前に、歯科医に相談するのがベストだと思います。
歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして検査の段階で断られることもあります。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨の幅が足りない」ということならばまだあきらめなくて良いかもしれません。歯科医が最新の技術を駆使できるだけの設備があれば従来はできないといわれていた症例でも治療は決して不可能ではありません。よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を調べ、 相談してください。人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるのが普通です。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてひたすら辛抱が大事です。しかし、術後十日を経過しても違和感に変化がない場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因がどこにあるのか探り、適切な対応をすることが必要です。
我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
今では、どこで手術を受けても耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術に取りかかるためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかもしれませんが化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ