埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければイン

埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。
けれども定期的に歯科医に診てもらう必要があるため維持費がかかることを知っておきましょう。標準的なケースでは、三ヶ月に一回程度は歯科医に診てもらうことになります。定期検診にかかるお金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいかかります。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいのお金がかかると見積もっておきましょう。
人工歯根を骨に埋め込むことに、抵抗がある方もいるかもしれませんが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。
外科手術で入れられるボルトと同じ素材で、チタン、セラミック、金など人体への親和性が極めて高い素材を使って作られているためです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、全額自費と考えてください。ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方がベストだと思います。
希望すれば誰でも、インプラント治療を受けられるとは言えず検査の段階で断られることもあります。でも、断った理由として「あごの骨の強度や厚さが十分でない」だの「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであればまだあきらめなくて良いかもしれません。最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を十分調べてください。
がんばって終わらせたインプラント治療も、終われば後の手入れは必要ないと思うのは甘いです。
日々のケアが欠かせません。
食後の丁寧な歯みがきによる完璧なプラークコントロールが必要で、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることが欠かせません。
インプラントは虫歯にならないとはいえ、日頃のケア次第で歯周炎などの可能性があります。
欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。
そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋入し、歯根が固定されるのを待って義歯をかぶせます。一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
審美性を考えた場合、どちらかというとインプラントが優るというべきでしょう。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというのが痛いところです。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨が治療に耐えられるかどうか調べてください。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかるのがとても大事です。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。
もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。
歯科医とのコミュニケーションが何より大事です。人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、埋入手術後はどの患者さんも違和感を生じるのが当たり前の反応です。
腫れが引いた頃には慣れてきますので、腫れているところや縫ったところを舌などで刺激しないよう我慢あるのみです。
十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、その原因を究明し、対応することが求められます。我慢しなくて良いので、歯科医の診療を受けましょう。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はどれだけ痛いだろうと心配になると思います。今では、どこで手術を受けても痛さを心配する必要はありません。麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。
麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛くなってくることもあります。
化膿止めとともに、痛み止めも処方されていますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。インプラント治療も医療行為ですが、普通は保険適用外で、全て自己負担ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして治療費を収入から引くことができます。
確定申告をするときの注意点として歯科医で発行した領収書は医療費を払った唯一の証明ですからなくしたり、レシートの印字が消えたりというミスがないよう暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。この治療のメインとなるインプラント埋入手術では、もちろん部分麻酔が使われますが、入院する必要はまずありません。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院して手術しなければならないケースもあります。
また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院することや、複数の病院で手術することもあります。これらのどこかに当てはまる方は治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ