ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケ

ごく普通の歯科医院で、外来診療を受けてのよくあるケースのインプラント治療でも、院内感染の可能性は否定できません。治療を受ける歯科医院を選ぶときは、感染症対策についても調べ、納得した上で決めることが、大事だと心得てください。
院内感染防止の対策をきちんとホームページに載せている歯科医院もどんどん増えているので、まずはそこを見てください。
インプラント治療が適用されるケースとして、他の歯に影響を及ぼしたくないといったケースです。例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので失った歯のみに働きかける治療と言えます。
両隣の歯を削って支えにするのはもったいないという要望がある場合、インプラント治療を考えた方が良いですね。
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、仮歯が入れば、義歯だと気づかれることはたぶんないでしょう。
歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く自然な感じを保てるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればもしかしたら義歯かと思われる心配も考えなくて良いのです。自然な見た目を重視している場合、この治療方法を選ぶべきでしょう。
インプラント治療が難しいとされる最大の理由は、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので時間をかけてもインプラントと骨の間に組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、普通は再手術しか手段はなく、骨を大きく削り直すことになります。
それに、埋入手術の際には埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのです。
現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっています。
骨との親和性が高く金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体のいろいろな検査を実施し、その結果を見て初めて治療開始となるので患者の意見や疑問も十分聞き入れて治療を行えます。それから、治療後には、メンテナンスを積極的に患者が歯科医と連携しながら行っていけば安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
一般的なインプラント治療は、段階が大きく3つに分かれます。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
という段階を踏みます。
どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまででもちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。このため、インプラント治療を始めてから義歯を使えるようになるまで、短めなら3ヶ月ほど、長いと10ヶ月に渡る治療期間を要します。
耐久性の面で、インプラントはどうかというと、まだ定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は自分の歯と同じくらい保つとされています。ということは、日頃のケアを欠かさなければ長期にわたって維持できますが、ひとたびケアを怠ればすぐに歯周病などのトラブルが起きてしまうということを肝に銘じておくべきです。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするとは言えません。小さな損傷を放置すると全体が傷んでくることもありますし食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病を引き起こすこともあるのです。
自分の歯のお手入れと同じように必要なお手入れをきちんと指導してもらい、セルフケアは欠かさないようにしましょう。そして、歯科医に指示された間隔で専門的なメンテナンスを受けてください。インプラント治療を考えているなら、最も重要なのはどんな歯科医にかかるかです。独特の技術を要する治療なので、その腕はもちろん、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の技量は厳しく問われるのでかなり治療実績には差があると考えられます。インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だということを理解してください。
とにかく入念に、歯科医選びをすることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。
全てのインプラント患者にとって、治療費が気になるのは当然です。
この治療の費用は統一されておらず、歯科医院によって幅があるのが普通です。
インプラント治療はほとんど自由診療のため、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
歯一本分のインプラントで、40万円前後が一般的な相場とみて良いでしょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ