歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかと

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴にそこへ人工歯根を埋め込み、固定されたところで義歯をつけます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を柱状に削り、ブリッジをかぶせるのです。
見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が良いと言えます。先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというデメリットも承知してください。現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするならまだあきらめなくて良いかもしれません。
最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればかなり困難なケースでも治療可能になっています。
よく調べて、最先端の治療が受けられる歯科医院を調べ、 相談してください。
普通、インプラント埋入手術は日帰りです。部分麻酔を使うため、入院することはめったにありません。
ただし、糖尿病や心疾患など、麻酔や出血に関わる持病がある場合は入院して手術しなければならないケースもあります。そして、インプラントを埋入する箇所に、十分な厚さの骨がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。
腸骨など自分の骨を削り出し、移植する場合、大がかりな手術を入院して受けることもあります。これらのケース、その他の困難なケースであれば治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。
どんな完璧なインプラント治療でも、治療が終われば後はほっておいて良いわけはなく、日々のケアが欠かせません。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、自覚症状の有無にかかわらず、歯科医の定期検診を受けることを続けなければなりません。インプラントは虫歯にならないとはいえ、ひとたびケアの手を抜けばいずれ歯周炎などを引き起こすことになります。人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーを心配する必要はないでしょう。人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材でできているからです。インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと治療や手術への心配がなくなるでしょう。重要な確認事項として、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させることを忘れないでください。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。もちろん、こうした既往症があるだけで治療できないといわれる可能性は低いためきちんと歯科医に相談することが大事です。歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどんな痛い手術なのだろうと思うかもしれません。
今では、どこで手術を受けても痛くて我慢できないことはまずありません。局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術を始めるためです。術後、腫れがでるのに伴って多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、我慢できないくらいの激しい痛みにはならないことがほとんどです。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、骨になじませるのがインプラント治療です。術後の患者さんは、ほとんどが人工物を入れられた違和感を感じています。
数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないようここはぐっと我慢してください。もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが激しかったり、腫れや出血が治まらなかったりする場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。
指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから維持費がかかることを知っておきましょう。使用に問題がなくても、三ヶ月に一度のペースで歯科医に診てもらうことになります。メンテナンスの費用は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず約三千円とみれば良いでしょう。
全く問題がなくても、年に1、2万円くらいの維持費を用意しておきましょう。厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険は適用されず、全額自己負担の自費診療です。
医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。
確定申告の一項目として、医療費控除は医療費を収入から引くサービスを受けられます。確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医で発行した領収書は医療費を払った唯一の証明ですから絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年単位で、大事に保管しておきましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ