歯科治療は全て同じですが、イ

歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療が終わるとその状態を保たなければならず、セルフケアを怠ってはなりません。
日頃から丁寧に歯みがきを行い、完璧なプラークコントロールが必要で、定期的な検診を欠かさず継続することを続けなければなりません。インプラントが虫歯になることはありませんが、ケアが行き届かなくなると歯周病などのリスクが増します。人工歯根をあごの骨に埋め込むのがインプラント埋入手術ですから、術後の患者さんは、ほとんどが違和感を感じるといわれています。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから腫れが気になっても、舌などで触るのは止めてじっと耐えてください。
もし、十日以上経っても全くなじんでこない場合や、痛みが続いていたり、腫れや出血が止まらなかったりする場合、早急に適切な対応をしなくてはなりません。
こうなれば我慢は必要ありません。すぐに診療を受けましょう。欠損した歯が少ない場合、治療としてはインプラントとブリッジが考えられます。そもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。一方、ブリッジ治療では、義歯を支えるため、両側の歯を一周削って、上にブリッジをかぶせます。見た目の問題を考えるとインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が優位に立ちます。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというデメリットも承知してください。歯科治療で手術を受けたことがない方には、インプラント埋入手術はかなりの痛さを想像してしまうでしょう。
インプラント埋入手術を受けても、痛さを心配する必要はありません。
麻酔の効き方を確認しながら手術に取りかかるためです。
手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては痛みが出てくるケースもありますが、痛みに備えて、頓服薬を処方されるので激しい痛みが長く続くことはあまりありません。理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨の幅が足りない」ということならばもう少し粘ってみてください。
最新の設備を備え、最新の技術を持った歯科医がいればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっています。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして調べ、 相談してください。
金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といった金属アレルギーがほとんど起こらない素材を用いているのです。
健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、全額自費を覚悟しましょう。ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんは治療に取りかかる前に、歯科医に相談しておくのがベストだと思います。
インプラント治療も医療行為ですが、保険適用になることはまずありません。全額自己負担が普通ですが、医療費控除は受けられるので、覚えておきましょう。手間はかかりますが、年一回の確定申告によって治療費を収入から引くことができます。
医療費控除を受けようとすれば歯科医でお金を払ったときにもらう領収書がお金を払った証明になるのでもらったものはしっかり取っておいて保管しておくことをすすめます。
一般的にはインプラント埋入手術を日帰りで行います。
使われるのは部分麻酔で、入院する必要はまずありません。血液や循環器系に、障害や持病を抱えている場合は入院設備が整ったところで手術する必要もあります。また、インプラントを支えるだけの強度を持った骨がない場合、埋入手術以前に、骨の厚みを増す手術をしなければなりません。自分の腸骨などを削って、移植する手術だと、入院して手術するケースも実際にあります。これらのケース、その他の困難なケースであれば信頼できる歯科医とよく話し合った上で、治療計画を立てていってください。埋入手術後の経過が良く、義歯の使用に問題がなければインプラント治療は終了です。
けれども指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい歯科医に診てもらうことになります。定期検診にかかるお金は保険がきく治療がほとんどなので、三千円くらいと考えてください。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の費用を支払うことになります。
もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればインプラントの土台となるあごの骨に問題がないか調べてください。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのがとても大事です。
それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も事故を引き起こす可能性が増します。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで治療不可と決めつけることはできないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ