これはインプラント治療が最適、と

これはインプラント治療が最適、とされるのは失った歯だけの治療で済ませたいなどの要望があるケースです。例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。両隣の歯は健常なので、削りたくないという要望がある場合、インプラント治療を考えた方が良いですね。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも全て歯科医の腕に任されているので相当な差があると考えるべきでしょう。
インプラント治療は、特に歯科医ごとの差が大きい治療法なのは明らかで、できる限りよく調べて、歯科医を決めることがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
インプラント治療を掲げている歯科医院で、外来で行うごく一般的なインプラント治療でも、院内感染が起きないと言えません。このため、歯科医院を探すときに院内感染対策をどうしているかきちんと知ることが重要事項の一つになります。院内感染防止の対策をホームページ上で具体的に示している歯科医院も当然のようになっているので、まずはそこを見てください。これからインプラント治療を始めようと決めても、治療費の高さは重要な問題ですね。
実際のところ、費用の総額は歯科医院ごとに差があると考えるべきです。
この治療はほとんど保険が適用されず、自由診療のため費用設定は歯科医院に完全に任されています。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度が一般的です。
インプラントはどのくらい保つのか、まだ定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保たせることが可能というのが多くの意見です。
そうだとすれば、セルフケアと歯科医のケアによって長期間トラブルなく使うことも可能ですが、セルフケアの手を緩めると取り返しのつかない事態が起こってしまうという押さえが必要です。
他の歯科治療と、インプラント治療が大きく異なるのは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。
他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントの定着がみられなかった場合、普通は再手術しか手段はなく、はじめの手術時より、大きく骨を削る羽目になります。
埋入するのもリスクがあって、周辺の神経を損傷する危険性もあります。今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。骨と一体化して安定した歯根となりやすくアレルギーも起こりにくいとされています。
治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を綿密に行い、その上で治療方針を決めて治療に取りかかるため患者も納得し、安心して治療を開始できます。それから、治療後には、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのです。
インプラントは決して虫歯になりませんが、お手入れなしで長持ちするとは言えません。
傷ついたらすぐに歯科医にかからなくてはならず、食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病になり、インプラントが脱落する可能性もあります。残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のセルフケアを怠らないことが大切です。
その上で、定期的に歯科医院でメンテナンスをしてもらえば完璧です。
インプラント治療には隠れたメリットがあります。
仮歯が入れば、義歯だと気づかれることは本当に少ないという点です。根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じようにかなり自然にうつり、これは義歯だと自分から言わない限り、義歯だと気づかれることも気にする必要はありません。
自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には最適な治療と言えます。
インプラント治療によって義歯が使えるようになるまで、大きな3つの関門があります。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨や周辺組織と人工歯根がなじむのを待ち、固まったことを確認してから、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という段階を踏みます。この中では、人工歯根があごの骨に定着するまでに時間がかかり、約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ