インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、

インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーの原因となることはほとんどない素材でできているからです。
ほとんどのインプラント治療は保険がきかず、ほぼ全額自費とみるべきです。
もし金属アレルギーの不安があればアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと一番良いでしょう。様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、検査の結果を見て、これ以上の治療はできないといわれることもあるでしょう。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨に幅の余裕がない」などのことであれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療可能になっています。
あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことを勧めます。
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にインプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
これまでに歯周病とか顎関節症の経験があれば、治療以前にそちらを治療して、インプラント治療ができるあごの骨を確保するのは必須です。それから、美容整形や外傷といった、あごの骨に手を加えた経験がある方も治療が事故につながる可能性があります。
ただし、これらの既往症があっても治療の可能性はゼロにはならないので不安がなくなるよう歯科医に相談してください。普通、インプラント埋入手術は日帰りです。部分麻酔を使うため、入院することはめったにありません。糖尿病や心疾患などの既往症があるケースでは安全を期すため、入院を求められることもあります。加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないと、埋入の前に骨移植が必要になることもあります。腸骨など自家骨の移植手術であれば入院が必要になることもあるので、注意してください。
これらのケース、その他の困難なケースであれば治療は主治医とよく話し合い、計画的に進めていってください。インプラント埋入手術では、人工歯根を骨に埋め込み、定着させるのでほとんどの患者さんは、手術後、違和感を感じるのが普通です。
数日たって腫れが引けば、だいぶなじんできますから変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるようにここはぐっと我慢してください。十日以上経ったときに違和感が変わらない、あるいはさらにおかしく感じる場合や、痛みや腫れなどが続く、もしくはひどくなる場合は、早急に適切な対応をしなくてはなりません。急患でも診療を受けることが必要です。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、セルフケアを怠ってはなりません。毎日、しっかりブラッシングすることでいわゆるプラークコントロールを完璧に行い、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが必須条件です。人工物のインプラントでも、ケアが行き届かなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で強い痛みを感じることはないと思ってください。
麻酔が効いたことを確認した上で手術の本番に入るためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
ご存じの通り、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。
医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。手間はかかりますが、年一回の確定申告によって治療費を収入から引くことができます。確定申告で医療費控除を受けたい場合、治療のたびにもらっている領収書が支払いの証拠となるため絶対再発行されないと肝に銘じておき、暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。1本から2本の欠損した歯に対して、インプラントもブリッジも適用できますがそもそもインプラント治療とは何かというと、あごの骨に開けた穴に人工歯根を埋め込んでその上に義歯をかぶせます。
ブリッジ治療とは、欠損した歯の両隣に残った歯を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
治療後、一見した感じでは、インプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が高い評価を得るでしょう。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないというのが痛いところです。手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても指示された間隔で歯科医によるメンテナンスを受けなければなりませんから当然、その度に費用を支払います。
特に異常がなければ、三ヶ月に一回くらい定期検診に通うことを指示されます。
メンテナンスの費用は保険が適用される治療がほとんどを占めるためたいていは三千円程度に収まります。
標準的には、一年に1万円から2万円程度の費用を支払うことになります。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ