手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラン

手術が成功し、義歯が使えるようになってインプラント治療が終了しても歯科医によるメンテナンスは必ず必要になるのでその費用もみておかなければなりません。多くの場合、三ヶ月に一回くらいで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
メンテナンスを受けるごとに支払う料金は保険が適用される治療がほとんどを占めるため三千円程度かかることが多いです。特に異常が起こらない限り、年に1万円か2万円の維持費を用意しておきましょう。
インプラント埋入手術とは、人工歯根を骨の中に埋め込むことなので手術が無事終わっても、患者さんのほとんどは多少の違和感があるといいます。
腫れがおさまると違和感は薄れるため変な感じがしても、触ったり刺激するのは止めるように歯みがきも気をつけてください。ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛み、腫れ、出血、発熱など他の症状も続く場合、その原因を究明し、対応することが求められます。
指示された検診日の前でも、歯科医に診てもらってください。
インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。麻酔の効き方を確認しながら本格的に手術を始めるためです。術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛くなってくることもあります。
頓服の痛み止めが処方されるため痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。
忘れてはいけないこととして、インプラント治療を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まず既往症を完全に治しておくことを忘れないでください。美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もインプラント治療のリスクが増大します。最新の技術を用いれば、これらの病歴だけで絶対治療できないとは言えません。
きちんと歯科医に相談することが大事です。普通、インプラント埋入手術は日帰りです。部分麻酔を使うため、入院することはめったにありません。
出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。加えて、インプラントを支えるのに十分な骨の量がないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。自分の骨を採取して、骨が薄い箇所に移植するケースでは、入院が必要になることもあるので、注意してください。
このような難しい治療を行う場合、長期間にわたる治療を覚悟しなければなりません。インプラント治療では人工物を骨に埋入しますが、それによって金属アレルギーを起こすことはまずありません。人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。
チタンの他、セラミック、金といった人体への親和性が極めて高い素材を用いているのです。
健康保険が適用されるインプラント治療はごくまれで、その全額が自費になるのが普通です。余計な負担や不安を減らすために、金属アレルギーがある患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくと不安や誤解がないでしょう。欠損した歯の数が少ない場合、インプラントとブリッジで迷うことがあります。インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのです。見た目の問題を考えるとどちらかというとインプラントが優っていると考えられます。
先に書いたように、ブリッジ治療では、問題のない歯を削らなければならないという覚悟もしなければなりません。
どんな完璧なインプラント治療でも、治療完了後、そのままで良いという訳にはいかず、デンタルケアを欠かさないことが重要です。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことが、インプラント維持のために必要です。
インプラントが虫歯になることはありませんが、普段のケアができなくなると歯周病などのリスクが増します。
歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとしてレントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「インプラントを埋入し、義歯を支えるだけの骨の幅がない」であったとするなら治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればかなり困難なケースでも治療は決して不可能ではありません。
現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことが必要です。
残念ながら、インプラント治療は全額自己負担で、ごくまれにしか保険適用されませんがただし、問題なく医療費控除を受けられます。確定申告することではじめて、医療費控除の対象になり税金の還付を申告します。
確定申告をするときの注意点として歯科医を利用したときに必ずもらう領収書が必ず要求されるのでなくしたら再発行はできないと考え、他の医療費とともに、1年分をもれなく保管してください。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ