一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたごく一般的なインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。
このため、歯科医院を探すときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが大事だと心得てください。近年、院内感染への関心が高まっていることもあり、予防策をきちんとホームページに載せている歯科医院も当たり前のようになっていますから、そこで調べるのも良いでしょう。どんな治療法にもリスクや問題はありますが、インプラント治療の最大のリスクは失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。
他の入れ歯やブリッジ、クラウンといった義歯と違う点として、あごの骨にインプラントを定着させるので万が一、人工歯根があごの骨に定着せずインプラントが定着しなければ再手術を迫られ、骨をさらに削って修復するという治療しかなくなります。
そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
インプラント治療が適用されるケースとして、周辺の歯に関係なく治療したいという患者の希望がある場合です。例えば、ブリッジで義歯を入れようとするとブリッジの支柱になる両隣の歯を削ることになりますが、インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯のみに働きかける治療と言えます。
周辺の歯に影響を与えたくないという希望がある方にはインプラント治療を考えた方が良いですね。
インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、特長として、骨に埋め込んだとき調和性が高く、金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。治療を始めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といったいろいろな検査を実施し、その結果を見て治療を始めるのが普通ですから患者も納得し、安心して治療を開始できます。
一通りの治療が終わったあとは、メンテナンスを欠かさず継続することで安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。
一口にインプラント治療といっても、3つのハードルを越えなければなりません。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨、及び周辺組織と人工歯根がなじみ、定着するのを待ちます。
第三段階では、歯根にアタッチメント(連結部分)を接続し、さらに義歯をかぶせて完成というのが大まかなプロセスです。どこに時間がかかるかというと、インプラントの埋入後、周りの組織となじんで骨に結びつくまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
よくいわれるインプラントのメリットですが、仮歯を入れた後、義歯だとわかることは本当に少ないという点です。あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な感じを保てるので他の人に自分から言う必要もないのでいかにも義歯だと思われることは気にする必要はありません。
前歯など、自然に見せたい歯の場合は優先したい治療方法ですね。
どんな治療でもそうですが、インプラント治療で重要なことはどのようにして最良の歯科医を探し出すかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前の検査や、治療方針の立て方、アフターケアなど歯科医の腕次第で大きく違ってくると言うべきです。
この治療は、歯科医の技量による治療の成否が出やすい治療法とされています。
良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
全てのインプラント患者にとって、どのくらい費用がかかるか心配だと思います。
この治療の費用は地域や、歯科医によって幅があるのが普通です。何しろ、ほとんどが自由診療なので、歯科医院の裁量で、治療費を決められるのです。
しかし、材料費や薬剤費などはほぼ決まっているので、相場は自ずと決まるものです。
欠損歯一本に対するインプラントなら、30万円から50万円程度がおおよその相場と考えてください。
インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってメンテナンスをしなくて良いということにはなりません。
インプラントを維持するためには、小さな異変でも放っておけませんし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば当たり前のことながら、歯周病の危険性もあります。残存している歯と同様に歯間ブラシやフロスが使えれば活用して、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
皆さんが気にしているインプラントの耐久性は、歴史が比較的浅いのでデータも多くはありませんが、定期的なメンテナンスが行われていれば自分の歯と同じくらい保たせることが可能と考えていいようです。要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長期にわたって維持できますが、日頃のケアが行き届かないと維持できなくなる異常も起こりうるということを忘れてはいけません。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ