クラウンやブリッジが入れられない

どこの歯科医院でも、インプラントが適用されるのは、他の治療が難しい方に適用されます。
抜歯した歯が多く、クラウンやブリッジが入れられない。入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を選択する患者さんが多くを占めます。
インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、自分の歯に近い噛み心地が得られ、食事に食べ応えが感じられ、美味しく食べられます。インプラントはメリットの大きい治療法です。けれども、デメリットも知った上で選択してください。第一に、費用は他の歯科治療より高額です。
治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかるケースもまれではありません。
また、治療の失敗内容によってはかなり深刻な問題が起こることもあるというのも、デメリットの一つです。
障害が残るばかりか、患者の死亡例も実際にあります。
歯科治療の一環として、インプラント治療もある程度のリスクを伴う治療です。
では、失敗はどのような問題を引き起こすかというと、人工歯根や上部体(義歯)の脱落、あるいは破損などインプラント本体に生じた問題、手術の後、あご周りの痛みや腫れが続くといった身体に関する問題、手術によって、あるいは術後の炎症によってあごのラインが変わってしまうといった見た目の問題が起きる可能性もあります。
このような危険をできるだけ避けるために、まず、歯科医選びに全力を尽くしましょう。
様々なインプラント治療の問題点を皆さん、入念に調べたと思います。その一つとして、インプラントを埋めると、頭部のMRI検査をしたとき金属部分が反応してしまうという問題はありませんでしたか。
それは違います。
磁気を当てて画像を作るのがMRIなので、当然、金属は磁気に反応して必要な画像ができません。インプラントの場合、あごに埋まる部分はチタンかチタン合金なので金属といっても磁気には反応せず、そのため、MRI検査は問題なくできます。
治療を始める前に必ず知るべきことですが、インプラント治療はかなりの費用を要することは確かです。
保険適用の可能性もゼロではありませんが、その条件はとても厳しいのです。
治療のごく一部しか保険適用にならないのがどうしても高額になってしまう原因です。
現状では最低線が十数万円、もし難度の高い治療が必要になるとすると治療全体で、その数倍の費用が必要になることを承知しておく必要があります。
インプラントは値段だけで選ぶと失敗する確率が大です

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ