「ムダ毛処理の事前事後」の夏がやってくる

ところがほとんどの脱毛サロンの月額制と言う言葉はどうもおかしいのではないかと思います。公式ホームページを事細かく調べてみても、胸にストンと落ちる答が記載されていないのです。全身脱毛で常用されている月額制は何かトーンがおかしいと思ったのは次のような矛盾に出くわしたからです。公式ホームページ以外もチェックしてみて初めて納得できたのですが、実際は分割払いだったんです。全身脱毛の月額制は、確かに毎月の支払額が少なくて通いやすい支払い方法です。どこも大抵は毎月9
500円くらいのものなので、ハッキリ言って割安感もあります。月額制と言う支払い方法の効果で、全身脱毛に対する抵抗が減った方が現に増加傾向にあるのかもしれません。隠さず白状すれば私も、この全身脱毛の「月額制」と言う言葉には随分と惑わされましたが、現在ではそれを理解した上でピックアップするかどうかの判断をしています。それを証明するように私のおすすめは「期間回数無制限」の「シースリー」と「銀座カラー」です。これらの役に立つ情報を得られたのもこちらのサイトに出会ったおかげです。そうはいっても私の独断で言えば、この月額制と言う言葉に対しては、100%納得できないところがあります。毎月決まった額の支払いで全身脱毛を始められるという事実に間違いはありませんが、誠実さに欠けていると強く感じます。だって、総額でいくらかかるのかなんて表記されていないんですから。悪意を持って騙そうとしようとしているのではないかと勘繰ってしまいます。一方で、イメージ通りの「月額制」がある脱毛サロンもあります。最初からまとまった金額で契約するのではなく、純粋に当月分を支払っていくという方法です。それが「脱毛ラボ」と「キレイモ」です。この2つの脱毛サロン以外では残念ながら私は知りません。全身脱毛をメインにしている脱毛サロンであれば、大半の脱毛サロンで「乗り換え割」が当たり前のようにあります。そしてその内容は、「他社からの乗り換えで○万円引き」という中身です。月額制なのにどういう事でしょうか?もうひとつは契約途中で止める時の「残り回数の返金保証」です。これだと将来の施術分の料金を支払っていることになります。「本当は分割払いの月額制」であれ、「純粋な月額制」であれ、低料金定額で全身脱毛ができることに間違いはありません。お客に対する配慮が足りないのは事実ですが、だからといって施術自体もいい加減かと言えば決してそのような事はありません。このような手法で独りよがりになって使用されている「月額制」を中心に扱っているのが、「銀座カラー」「エターナルラビリンス」「シースリー」などです。しかしながら、理屈が理解できた今となっては冷静に他社と比較することができます。気にも留めなかったという方は決して他社との比較を忘れてはならないことがポイントです。全身脱毛の契約方法でよくあるのが「月額制」という方法です。この月額制と言う言葉から受ける印象は、今月も継続しますという月だけ支出するというイメージです。高校生の頃塾にお世話になっていましたが、その時の月謝というイメージに近いものです。大切なのはいろんな脱毛サロンの契約形態をきっちりと理解したうえで、冷静に自分の希望を叶えてくれるところを探すという事です。脱毛サロンの公式ホームページは基本的に今イチ分かりづらいという事が共通点です。したがって、同じ思いをした脱毛体験者のブログであったり、脱毛サロンの情報が詳細にまとめられたサイトを元に納得いくまで丹念に探究することをおすすめします。

関連記事一覧

サブコンテンツ

このページの先頭へ

一眼レフカメラ